実家のある団地は、かなり古い物件なので、オール電化ではなく、旧式な機器を使っています。
例えば、給湯器も自分で設置しなくてはなりません。
引っ越してきた当初、前に住んでいた人が置いて行った給湯器があったのですが、古くて使い物になりませんでした。
冬の食器洗いは、お湯が出ないと大変です。
洗顔もそうです。
そこで仕方がないので、自分たちで給湯器を購入しました。
給湯器があると、とても便利です。
先に挙げたように、食器洗いの際にも温かく、汚れも落ちやすくなります。
また、実家の場合、キッチンにしか給湯器を付けることができなかったので、どうしても寒い場合には、キッチンで洗顔をするようにしています。
特に、寒がりな父は夏でもキッチンで洗顔をする癖がついてしまったようです。
給湯器をつけたからといって、ずっとそのままにしておくのは危険です。
定期的にメンテナンスが必要となります。
設置の際に、業者さんが点検の時期を教えてくれたので、その時期になったら点検に来てくれるそうです。