知り合いの方で、トイレをリフォームした方がいたのですが、リフォームの後で配管から水が漏れ出して止まらなくなったそうで、しばらく経過したせいか床が変色して、業者を呼んだら配管から水漏れをしているということで有料で直してもらったそうですが、それからまた配管が変色してきたそうです。
気になったので、調べてみたのですが、トイレのリフォームで配管から水が何度も漏水する原因として、施工不良が考えられるようで、施工不良が起きてしまうと配管から水がすぐに漏れ出してしまうようです。
ただ、便器の上に照明器具の球の取替えや予備トイレットペーパーをとる行為などで乗ったりしていたために配管から水が漏水してしまうと使用者の責任になりますので、有料になってしまうみたいです。
便器の上に乗ったりしている場合は、やめたほうがいいそうで、リフォームで床を変えていると床が悪いときが多々あるそうです。
そのときは、リフォーム業者の責任ですので、前回修理費を返却してもらうといいみたいです。